デート

【最強のデートスポット?!】チームラボで2人の距離を縮めよう

チームラボデート

こんにちは!クロック(@Matching_CLOCK)です!

  1. 都内(関東)のチームラボは豊洲とお台場の2か所
  2. 豊洲のチームラボはロマンチックな雰囲気で大人向け
  3. お台場のチームラボは子供から大人まで身体を動かして楽しめる

今回は都内のチームラボについて紹介します。

僕はこれまでマッチングアプリを使って、3人の女性とお付き合いすることができました。

そのうち2人とは付き合う前にチームラボデートをしました。

チームラボはカップルはもちろん、まだ付き合っていない男女でも楽しめます。

 

チームラボとは?という初歩的なところから、なぜチームラボをデートに勧めるかまで話しますのでぜひ興味のある方は読んでいってください!

こんな人向け!
  1. 「チームラボって何?」という人
  2. 気になる人をチームラボデートに誘いたい人
  3. 豊洲とお台場のチームラボの違いが気になる人

チームラボとは?

チームラボとは?

チームラボ株式会社(teamLab Inc.)は、東京都千代田区に本社を持つ、デジタルコンテンツ制作会社である。ウルトラテクノロジスト集団を自称し、プログラマ、エンジニア、数学者、建築家、絵師、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、CGアニメーター、編集者など、デジタル社会の様々な分野の専門家から構成されている。芸術的な表現を主体としたコンテンツ制作を得意としている。

引用元:チームラボ – Wikipedia

 

、、、、、

 

つまりデジタル関係のスペシャリスト達が、最新テクノロジーを使って様々な世界観を表現し、僕たちを魅了してくれます!

f:id:beginner_otoko:20190408193143j:plain

上の画像もチームラボで撮影したものですが、このような光で表現された幻想的な景色を撮影して楽しむ場所です。

困った男性
困った男性
でも普段写真とかあんまり撮らないし…

 

写真を撮るだけがチームラボの楽しみ方ではありません。

このように自分が描いた絵が動いたり、他にも水の上を歩く、トランポリンなど

見るだけでなく、体感して楽しむこともできます。

 

僕自身もあまり写真は撮らないタイプですが、

普段見れない世界観に魅了され自然と写真を撮っていました笑

 

ロマンチックなテーマパークみたいなイメージかもしれません。

チームラボは都内に豊洲とお台場の2つがあります。

次の章ではそれぞれのチームラボの特徴などについて話していきます。

チームラボプラネッツ(豊洲)の特徴

豊洲のチームラボ

施設内を裸足で歩き回ります。そして施設内は一方通行なのが特徴です。

水深40cmほどの水に浸かる場所もあるのでスキニーパンツで行くのは辞めておいた方がいいです。

貸出のハーフパンツはありますが、寝巻きみたいなので写真を撮ってもらうときにちょっと不自然です笑

LEDの光が雨のように降り注ぐスポットや

無印良品の『人をダメにするソファ』みたいなクッションで敷き詰められた空間を歩いたり、

水面に魚や花が映った空間を歩いたり、、、

引用元:チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com

 

語彙力不足で大変申し訳ないですが、

主に写真を撮って楽しむのが豊洲のチームラボの特徴になります。

チームラボボーダレス(お台場)の特徴

お台場のチームラボ

こちらは靴を履いたまま中を見ることになります。

豊洲と違い一方通行ではないので行ったり来たりできます。(結構疲れる。)

『塔の上のラプンツェル』で有名なランタンがあるのはこっちです。

 

水に入るなんてことはないため、服装は自由で構いませんが、トランポリンしたり、施設内は自由に行き来できるのでスニーカーなど歩きやすい靴で行くのが良いです。

LEDのイルミネーションや巨大なボールなどは豊洲と同様にあります。

引用元: チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com

 

豊洲との大きな違い、そしてお台場のチームラボの特徴としては

写真を撮るだけでなく、体を動かして楽しめるスポットがたくさん用意されています。

  • トランポリン
  • ボルダリング
  • アスレチック
  • 自分で描いた絵が動く etc

写真を撮るだけでは後半退屈しがちですが、こちらは身体を動かして楽しむことができるので退屈しません。

普段運動しない僕はトランポリンで普通に疲れました笑

あなたにオススメのチームラボは?

疑問

ここまでそれぞれのチームラボの特徴について紹介しました。

ここからはそれぞれのチームラボがどんな人にオススメかについて書いていきます。

これからチームラボを利用予定の人は参考にしてみてください。

豊洲をオススメする場合

カップルで行く・静かに過ごしたい人

客層が豊洲とお台場では違います。

豊洲はカップルが多いです。写真を撮ったり座って眺めるような場所が多いため、ゆっくり過ごしたいカップルに人気です。

ファミリーが少ないのでわちゃわちゃした場所より、静かに2人の時間を過ごしたいなら豊洲の方が良いです。

写真を撮るのが好き

豊洲のチームラボは基本的な楽しみ方として座ってイルミネーションを眺めてゆっくり時間が経つのを過ごすか、写真を撮り合う感じになります。

いわゆる「映え写真」を撮るのが好きなら豊洲の方が良いです。

お台場をオススメする場合

まだ付き合っていない

まだ付き合っていなくて、ロマンチックな雰囲気に照れ臭さがあるならお台場の方が良いです。

というのも客層が豊洲に比べて子連れのファミリーが増えるので、わちゃわちゃした雰囲気があり、テーマパークのような感じでロマンチックさは豊洲に比べると薄めです。

写真だけでなく体を動かして楽しみたい

困った女性
困った女性
写真を撮るだけじゃ退屈してしまう!

という方にはお台場がオススメですね。

 

先ほどから何度も言っていますが、お台場のチームラボにはトランポリンやお絵かきなど撮るだけじゃない楽しみ方があります。

 

付き合う前で写真撮りだけじゃ会話が持つか不安

という心配もそこまでする必要はないかもですね!

まとめ

今回は豊洲とお台場のチームラボの特徴やそれぞれオススメしたい人について紹介しました。

場所が違うだけで全く違うチームラボであることがわかりましたね。

 

チームラボでは写真を撮り合うので自然と気になるあの子の写真がカメラロールに保存されていきます。笑

そしてテーマパークでデートするようなものなので、普通にカフェでお茶するよりも2人の距離は縮まること間違いなしです!

 

豊洲とお台場それぞれのオススメポイントについて紹介しましたが、結局はお互いどちらに行きたいかによります。

付き合っていなくても「水のところに行きたい!」と言われれば豊洲チームラボの方が盛り上がるでしょう。

付き合っていても「ラプンツェルのところ行きたい!」と言われればお台場チームラボの方が良いです。

どちらに行くか迷っている場合にこの記事を参考にしていただければと思います。

それでは今日はこの辺で👋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です