歯列矯正

【インビザライン日記】マウスピース7枚目〜13枚目の装着感・変化をレビュー

インビザライン 3回目

こんにちは!クロック(@Matching_CLOCK)です!

  1. ゴムをつけ始めたけど、目立たないし痛みもない
  2. マウスピースを見ると、ちゃんと動いていることを確認できる
  3. しかし、歯並びとしてはまだ綺麗になったとは言えない

気づけばインビザラインの矯正を開始してから、約3ヶ月が経過しました。

そして現在装着中のインビザラインは30枚中14枚目なのでほぼ半分終わった感じです。

と言っても30枚で「完了」ではなく、30枚目で1順目が終わりという感じなので、また2順目、3順目と繰り返して歯並びを綺麗にしていきます。

しかし30枚目のインビザラインである程度綺麗になっていたので、まずは30枚目の綺麗な姿を夢見ながら矯正を続けていきます!

 

今回の記事はインビザライン2~6枚目の装着レビュー記事からの続きになります。

もし読んでない方がいたら先に読んでみてください。

インビザライン2回目
【インビザライン日記】マウスピース2枚目〜6枚目の装着感をレビューこんにちは!クロック(@Matching_CLOCK)です! 3枚目のマウスピースくらいから滑舌も戻った 付け替えて...

今回は7~13枚目の装着感についてレビューしていきます。

こんな人向け!
  1. 自分の歯並びが気になる人
  2. 矯正治療をインビザラインで始めようか迷っている人

7枚目から歯にゴムをつけるようになりました

インビザライン治療で使うゴム

7枚目のインビザライン以降は歯にゴムをつけて治療することになりました。

大体直径5mmくらいで透明の小さいゴムです。

どのように着けるかというと、、、

  1. 下の奥歯にボタンを付けてもらった
  2. マウスピースを両顎装着する
  3. ボタンと上顎のマウスピースの爪に引っ掛ける

 

よくわからないですね。笑

インビザライン下顎

下顎の方はこのようになっているのですが、歯にボタンをつけているため、ボタンのところはくぼんでいます。

インビザライン上顎

そして上顎の方はゴムを引っ掛ける為の爪が付いています。

この2箇所にゴムを付けて、引っ張る力を利用して歯を動かすというものです。

 

引っ張られるということで「痛い」というイメージがありましたが、実際痛みはありません。

引っ張られる感覚というのは多少ありますが、ゴムによる痛みはないです。

 

そして実際につけてみても、ゴムの色が透明でしかも装着するのは奥の方なのでよほど大口を開けない限りバレることはないです。

というかインビザライン自体、自分から言わないとバレないくらい目立ちません。

 

ただし、今まで装着は上下のマウスピースだけで良かったですが、それに加えてゴムもつけないといけなくなったので手間が1つ増えました。。。

7枚目と13枚目のインビザラインを画像比較

続いてインビザラインのマウスピース比較を行います。

まずは7枚目のマウスピースの画像です。

7枚目のマウスピース

僕の歯並びの中でも悪い部分である、上顎のV字になっている前歯と下顎の一本後退した歯に注目してください。

続いて13枚目のマウスピースの画像です。

13枚目のマウスピース

上顎のV字だった前歯が少し浅くなって、良くなってます。

しかし、前歯が手前の歯と重なっているのはまだ改善されていませんね。

下顎に関してはわかりにくいですけど、少しだけ歯が前進しています。

 

このようにマウスピースで見ると変化がわかるのですが、鏡で見たら自分の歯並びの変化はまだほとんど実感できていません。

実感できていないだけで、確実に動いてはいるので綺麗になる日が楽しみです!

まとめ

今回はインビザライン7枚目〜13枚目の装着感について紹介しました。

歯並びを見てもまだ変化を実感できていないのですが、マウスピースを見ると特に前歯などは動いているのを確認できます。

今度18枚目のマウスピース装着時点で歯医者に行くので、またそのタイミングで次の記事をあげたいと思います。

それでは今日はこの辺👋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です