マッチングアプリ

マッチングアプリで相手を傷つけずにデートの誘いを断る方法

デートの誘いを断る人

こんにちは!クロック(@Matching_CLOCK)です!

  1. 初デートの誘いを断るなら基本的には「既読無視」で大丈夫
  2. 2回目以降のデートを断るときはメッセージの頻度を少なくして、徐々にフェードアウトして相手に察してもらう
  3. デートの誘いを直接対面で断るのは止めるべき!

恋活・婚活・友達探し…いろんな目的でマッチングアプリを使っていると思いますが、「この人とはデートしたくないな」って人からデートに誘われた経験はありませんか?

恐らくデートに誘うのは多くの場合男性なので、女性の中には当てはまる人が結構いると思います。

 

  • 初デートに誘われたけど、まだ心の準備ができていない
  • 初デートが不快だったから、2回目のデートはしたくない
  • 他に良い人がいたから、もうこの人とはデートしたくない

などなど色んな理由があると思います。

 

身近な人とする恋愛とは違い、アプリしか繋がりがないのでマッチングアプリの恋愛はデートの誘いを断りやすいのが特徴です。

しかし、断り方を間違えると相手を傷つける可能性もあるしそのせいで怖い目に遭うかもしれません。

今回は初デートと2回目以降のデートに分けて、なるべく相手を傷つけずにデートの誘いを断る方法について書いていきます。

こんな人向け!
  1. 会いたくない人からデートに誘われている人
  2. 初デートがつまらなかったから、2回目のデートを断りたい人
  3. 相手を傷つけずにデートの誘いを断りたい人

初デートの誘いを断る方法

断られる男性

ここでは相手を傷つけずに初デートの誘いを断る方法を紹介します。

断る方法はシチュエーション別に2つあります。

1つ目は「そもそも会う気がない」場合です。

2つ目は「会ってみたいけど、まだ早い」場合です。

会う気がない場合は「既読無視」

会う気がない場合は既読無視安定です。(マッチングアプリでは既読がつきませんが)

  • マッチングする前のイメージと違った
  • メッセージのテンポが合わない
  • メッセージがあまり続いてないのにデートに誘われた

色々理由があると思いますが、つまり「なんかこの人とは合わない」と思った時です。

そんな時は基本的に既読無視してメッセージを終わらせて大丈夫です。

 

理由はマッチングアプリではこれが当たり前だからです。

同じ職場、同じ学校など普段の生活で関わりのある人からデートに誘われた場合は断りづらいかもしれません。

しかし、マッチングアプリでは良くも悪くもマッチングアプリの繋がりしかありません。

連絡が途絶えればただの赤の他人です。

困った女性
困った女性
せっかくのお誘いを断ったら相手に申し訳ない

なんて思う必要は一切ないです。

既読無視されたら男性も察して、別の人とマッチングするので罪悪感を感じることはないです。

心の準備ができていない場合の断り方

困った女性
困った女性
気になるしメッセージしていて楽しいから会ってみたいけど、まだちょっと早いかな…

このように心の準備ができていないときはその気持ちをストレートに伝えましょう。

せっかく気になる人とメッセージができているのにここでメッセージを止めてしまうのは非常に勿体無いです。

 

デートに誘うのが早い人=体目的・軽い

など負のイメージがあるかもしれないですが、メッセージが苦手だからまずは会って話してみたいという人も結構います。

その人が誠実な人かそうでない人か見分けるコツは、「もう少しメッセージを続けてから会いたい」とメッセージを送った時の反応を見ることです。

もしその人が本気であなたとデートしたいと思っているなら、ちゃんと待ってメッセージを続けてくれるはずです。

「今はちょっと忙しい。」はNGワード

困った男性
困った男性
じゃあ、なんでマッチングアプリやってんの?

と間違いなく思われます。

 

もしかしたら「じゃあ、いつなら大丈夫?」と深掘りされる可能性もあります。

このように変に期待させると、後々もっと断りづらくなって結局既読無視やブロックすることになります。

相手のためにも思わせぶりな態度は止めておくべきです。

デートする気がないなら最初から既読無視してフェードアウトしましょう。

2回目以降のデートの誘いを断る方法

断る

ここまでは初デートの断り方を紹介しました。

続いて相手を傷つけずに2回目以降のデートを断る方法です。

もし対面で誘われたらめちゃくちゃ断りづらいですよね。

そんな時でも使えるデート断り方を紹介します。

「スケジュール確認してみる」でその場しのぎ

「次はないな。」と思った人から、デート中もしくは最後に次のデートに誘われた時は、

困った女性
困った女性
今ちょっとわからないから、後でスケジュール確認してみる。

なかなか対面ではデートの誘いを断りづらいと思います。

そんな時にその場を逃げ切る鉄板フレーズです。

デートの後から少しずつフェードアウトする

さて鉄板フレーズを使って、デートが終わったら徐々にフェードアウトします。

フェードアウトでは具体的に何をするかというと、「LINEの返信を遅くする」です。

  • 今まで1時間ペースで返信していたのなら、3時間ペースにする
  • 今まで半日ペースで返していたなら、1日ペースにする

といった具合に少しずつLINEの頻度を落としていきます。

 

僕も過去に2回ほどやられたことがありますが、自分に気がないことを察します。

察すると男性も相手への気持ちが冷めるのでLINEを送るのを止めます。

この方法では断る側が一方的に連絡を止めるのではなく、相手に察してもらうので自然消滅できるというのがメリットです。

その場でハッキリ断るのは止めよう

断る女性
断る女性
もうあなたと会う気は無いです!

これは止めておきましょう。自分の意見をハッキリ伝えることは良いことです。

しかし、男はプライドの生き物とも言われているくらいなので、その場でハッキリ断ると逆恨みされる可能性だってあります。

マッチングアプリには残念ながら危険な人もいるらしいので…

そんな怖い目に合わないためにも、徐々にフェードアウトするようにしましょう。

まとめ

今回はマッチングアプリで相手を傷つけずにデートの誘いを断る方法を紹介しました。

マッチングアプリでは、

  • マッチングしたけど思ってたイメージと違った
  • 初デートがつまらなかったからもう会いたくない
  • 良い感じだったけど、3回目のデートで嫌なところが目についた

などデートしたくない人が出てくるのは仕方ないです。

そんな時に直接的に断るのではなく、今回紹介したやんわり断る方法を実践してもらえればと思います。

それでは今日はこの辺で👋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です