体験談

【デート体験談】初デートは長くても半日以内に収めよう

初デートは半日以内

こんにちは!クロック(@Matching_CLOCK)です。

  1. 初デートから長時間一緒にいると気疲れしやすい
  2. 初デートはあくまで「お試し」であり、2回目のデート以降が本番
  3. 当日の流れをイメージしておくとデートに失敗しづらい

僕はマッチングアプリで初デートする時は必ず半日以内(昼だけor夜だけ)にしています。

デートの内容が食事だけの場合は長くても3時間程度にしています。

 

それは初デートで半日以上いても会話が持たなくなるし、仮に会話が持ったとしても気疲れして「次のデートも楽しみ」という気持ちが減ってしまうからです。

初対面というだけでまぁまぁの緊張があります。そんな中で1日一緒にいるのは結構しんどいです。

そんな中今回は僕が初デートは長くても半日以内に収めるべきだという考えに至ったある女性との体験談について書いていきます。

こんな人向け!
  1. 恋愛経験がそこまで多くない人
  2. これから初デートを控えている人

出会いからデート失敗までの体験談

出会いはバイト先

僕はピザ屋のデリバリースタッフとしてのアルバイトを大学2年の冬に始めました。

そこで当時高2の女の子(以後M)と出会うことになります。

ただ、Mはインストア(店内でピザを作る人)だったので、デリバリーの僕はバイト中に会話をすることはあまりなかったです。

 

バイトを始めてから数ヶ月経ったところでデリバリーの仕事は一通りできるようになり、少しずつインストアの仕事もやるようになりました。

そのタイミングで少しずつMと話す機会は増えていきました。

と言ってもそんなに雑談するというほどでもなく、一言二言話す程度でした。

 

それから約1年後、Mは高校を卒業し、専門学校に入学するタイミングでバイトを辞めました。

余談ですが、Mは美容専門学校に行くだけのことはあり可愛かったです。

 

それから11ヶ月後、、、

 

ピザ屋の一大イベント「クリスマスシーズン」がやってきました。

当時バイトの入れ替わりが多く、素早く仕事をこなせる人がそこまで多くなかったので12月限定でMにもう一度バイトとして来てもらうことになりました。

 

ところがMが1年前働いていた時とはメンバーも大きく変わり、当時のメンバーが僕とあと1人くらいしかいませんでした。

そのため話す機会は以前に比べて増えて次第に仲良くなっていきました。

この時から少しずつMのことを意識するようになっていました。

 

そしてクリスマスが終わり、Mは12月の限定雇用だったのでいなくなりました。

僕も大学の卒論の提出が迫っていたので12月でバイトを辞めました。

気になる相手にも関わらず、LINEすら聞けないくらい僕はチキンでした。笑

結局Mの方から

M
M
クロックさん!最後にLINE教えてもらっていいですか?

と言われ無事?LINEゲット。

卒業間際にデートに誘われた

12月末のバイトをやめるタイミングでLINEを交換してから、僕とMは毎日何気ないメッセージを交わしていました。

頻度は1日1~2往復程度だったと思います。

 

僕は卒業後の就職先が東京だったので、どんなに頑張っても残り3ヶ月でMとはお別れ。

最後にデートして思い出を作りたかったのですが、安定で誘う勇気がない。

これまたMの方から

M
M
最後だしどこかご飯食べにいきましょ〜

と誘ってもらい1日デートすることになりました。

つまり初デートで1日一緒にいることになりました。

当時何もわかってなかった僕はデートを楽しみにしていたのですが、後に初デートで1日一緒にいるのがどんなに大変かを思い知ることになるのでした。

デート当日

デート当日は2月頭。

バイトを辞めて以来1ヶ月ぶりの再開です。

 

この時まで毎日LINEでやりとりをしていて、若干のネタ切れ感がありました。

当日のデート
  1. 最寄駅で待ち合わせして20分くらい電車移動
  2. 人気のスイーツを食べにいく
  3. 電車で20分くらい移動
  4. ランチ
  5. 動物カフェ
  6. 地元の観光地を散策
  7. ディナー
  8. 散歩
  9. 電車で帰る
  10. 最寄駅で解散

こんな日程で当日は動きました。盛りだくさんですね。

当時の僕はデートするのは実に3年ぶりくらいでした。しかも3年前のデートは思いっきり失敗したデートだったので不安の方が大きかったです。

 

そんな不安を抱えながら、当日最寄駅で会いました。

バイト先では普通に話していましたが、めちゃくちゃ緊張して最寄駅で会うと頭が真っ白になり何を話せばいいかわからなくなりました。

電車内での会話はかなりぎこちなかったです。

 

スイーツを食べる頃には少しずつ慣れてきて普通に話せるようになりました。

それから割とスムーズに会話できていたのですが、ディナー前には話のネタも尽きてきて少しずつ会話と会話の間に沈黙が生まれ始めました。

 

ディナーでは料理も美味しく会話は盛り上がりました。

その後の散歩ではイルミネーションを見たりしましたが話のネタも尽きており会話の間ができることが多かったです。

そしてそのまま電車で帰って、最寄駅で解散しました。

 

デートは大失敗でした。

家に着くとめちゃくちゃ落ち込みました。

3月にお別れなので、このデートが大成功だったとしても付き合うことはなかったのですが、最初で最後のデートに失敗したのは結構なダメージでした。

 

デートの翌日以降MからのLINE返信スピードも激遅になりそれは結構ショックでした。

出会いがなさすぎて、1回のデートを成功させなければ終わりだと思っていたくらいですからね。

 

そしてそのまま連絡は自然に途絶え、僕は上京して社会人となりました。

この体験から僕は初デートは必ず半日で終わらせるようにしています。

気の合う人なら1日いても楽しいかもしれないですが、初デートは敢えて不完全燃焼で終わらせて、2回目以降のデートに楽しみを取っておいたほうが関係は上手くいきやすいです。

初デートの注意点

初デートの時間は長くても半日以内に

たった一回のデートで自分のことを知ってもらう必要はないです。

1回目はあくまで「お試し」

2回、3回と数を重ねて徐々に自分のことを知ってもらって、相手のことを知ればいい。

【初デート】2回目以降のデートにつなげたいなら3時間以内がオススメ!こんにちは!クロック(@Matching_CLOCK)です! さて!僕はこれまで初デートを成功させるための以下の記事を書いてきまし...

最初は多少なりとも緊張してしまうので、長く一緒にいるとお互いに気疲れしやすいです。

それに1回目のデートで長く時間を取って完全燃焼するよりは、敢えて不完全燃焼の状態でデートを切り上げ2回目のデートに楽しみを取っておいた方が恋愛の成功率も高いです。

初デートで1日会う時のポイント

ここまでの話で初デートは長くても半日以内にするべきだと話しました。

ただ、今回の僕の体験談のように初デートでも1日会うことがあるかもしれません。

ここでは初デートで1日会う時のポイントを書いておきます。

デート当日まで無理してLINEを続けない

無理してLINEを続けても、作業になってしまい当日の会話の内容が少しずつ減っていきます。

楽しくLINEできているなら続ける方がいいですが、当日会話が持つか不安なら思い切ってLINEを一旦切り上げるのも一つの手です。

一度LINEを止めて、デートの2日前くらいに確認のLINEを1通送るという方法は結構有効です。

当日のシナリオをある程度考えておく

2、3時間程度のデートなら、そこまでシナリオを考える必要はありませんが、1日会うならプランを考えておいた方がいいです。

また、会話に行き詰まった時に流れを持ち直せるような会話のネタを準備しておくとなお良いです。

まとめ

今回は僕が大学時代にバイト先で仲良くなった女の子とデートをして失敗した話でした。

初デートなのに1日一緒にいたことで会話のネタ切れを引き起こしてしまいました。

さらに無理してLINEを続けてしまい、当日の会話のネタがなくなっていたことやLINEが作業になっていたことも失敗の原因でした。

今となっては1つの思い出ですが、当時はかなり落ち込みました。

これから初デートを控えている人の参考になれば嬉しいです。

それでは今日はこの辺で👋

マッチングアプリ初心者でも「簡単に」恋人を作るための攻略法
初心者に向けたマッチングアプリの攻略

5年間彼女がいなかった僕がマッチングアプリを使ってたったの1ヶ月半で恋人を作ることができた方法を公開します。

  1. 1ヶ月の最高いいね!獲得数:120(男性会員の平均は5~20前後)
  2. 1ヶ月間の最高マッチング数:54
  3. マッチングアプリ歴:合計6ヶ月

 

マッチングアプリ攻略のコツは「いいね!」をたくさん獲得することです。

マッチングアプリの選び方、いいね!をもらうコツから、デートプランの立て方までを解説しています。

攻略記事を見てみる!